ソロストーブキャンプファイヤーの魅力!その他気になるサイズも比較

  • URLをコピーしました!

こんにちは!うんまほ夫婦(@unmahofufu)です。

皆さんは「二次燃焼」という言葉をご存知ですか?

私は、キャンプを始めてから初めて知った言葉です。

キャンプでの焚き火時間は、至福の時間でもありますが、煙との戦いでもあったりしますよね?

いまだに焚き火のコツがつかめていないうんまほ夫婦ですが、今回紹介する「Solo Stove<ソロストーブ>」は、「二次燃焼」により効率良く薪を燃やしてくれて、煙の発生も最小限に抑えてくれる最高の「ストーブ」です。

ソロストーブがつくり出す「二次燃焼」の美しい炎は、キャンパーの心も魅了してくれます。

今回は、そんな「ソロストーブ」の魅力についてまとめました。

こんな方におすすめ!
  • 焚き火の煙をなるべく出したくない
  • 二次燃焼による綺麗な炎を鑑賞したい
  • 燃え残った薪の処理に困っている

ソロストーブの購入を検討している方の参考になれば嬉しいです。

それでは、早速紹介していきます。

目次

Solo Stove<ソロストーブ>とは?

ソロストーブは、独自の二重壁構造による「二次燃焼」で、極めて高い燃焼効率を誇るストーブです。軽量でコンパクトなものから、大人数で囲むことができる大型なものまであり、調理や焚き火を楽しむことができます。

二次燃焼とは?

一般的には、高温で熱された薪から発生した可燃ガスに火がつくことで炎となり燃える仕組み(一次燃焼)ですが、燃え切らなかった可燃ガスが煙となります。

二次燃焼は、この燃え切らずに煙となった可燃ガスを高温の空気で再燃焼させることです。そのため、より高温な炎を生み出し、煙が出にくいのが特徴です。

ソロストーブの魅力

ソロストーブの一番の魅力は、この「二次燃焼」にあると言えます。

底部から吸い込まれた空気が燃料を効率よく燃やし、さらには高温になった空気がストーブ上部の通気孔から噴出され、見事な二次燃焼の炎を生み出しています。

ソロストーブ二次燃焼の説明

出典:Solo Stove

ラインナップ

ソロストーブには、軽量でコンパクトな「キャンプストーブ」シリーズと、大人数で火を囲める「ファイヤーピット」シリーズがあります。

◆軽量でコンパクト【CAMP STOVES(キャンプストーブ)】シリーズ

  • Solo Stove Lite(ライト)
  • Solo Stove Titan(タイタン)
  • Solo Stove Campfire(キャンプファイヤー)

◆大人数で火を囲める【FIRE PIT(ファイヤーピット)】シリーズ

  • Solo Stove Ranger Kit(レンジャー)
  • Solo Stove Bonfire Kit(ボンファイヤー)
  • Solo Stove Yukon Kit(ユーコン)

いくつかサイズ展開をしているソロストーブですが(後ほど比較あり)、今回はその中でも、普段私たちが使用している「キャンプファイヤー」の特徴を中心に記述します。

キャンプファイヤー<Solo Stove Campfire>

ソロストーブキャンプファイヤー
出典:UPI(Solo Stove)

ソロスートーブのキャンプストーブシリーズの中でも、調理〜焚き火までしやすいのが「キャンプファイヤー」です。

我が家もこのサイズを使用しています。

キャンプファイヤーのスペック

商品名ソロストーブ キャンプファイヤー/Solo Stove Campfire
サイズ直径(幅):約17.8cm、高さ:約17cm(収納時)・約23.5cm(使用時)
重量約998g
材質ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー
内容本体、ゴトク、収納袋、日本語説明書
値段13,200円(税込)

ソロストーブ本体と収納袋です。袋は最初からセットになっています。五徳は、分かりにくいですが本体に逆さまに収納されています。

ソロストーブと収納袋

ちなみに単品だけではなく、鍋とのセット販売もあります。我が家は、2ポットセットとセットになったものを購入しました。(後からでも2ポットセットは購入可能です)

2ポットセットは、サイズ違いの鍋と蓋も2つ付いています。

ソロストーブ2ポットセット

キャンプファイヤーの魅力

ソロストーブの二次燃焼

二次燃焼で煙が発生しにくい

前述したようにソロストーブ一番の魅力で、「二次燃焼」により煙の発生が最小限に抑えられます。この二次燃焼は、煙を抑えてくれるだけではなく、ずっと見ていられるような「綺麗な炎」を創り上げてくれます。

焚き火は好きだけど、煙は浴びたくないという方には、「ソロストーブ」は最強の味方です。

焚き付けが簡単

「ソロストーブ」は、薪がしっかりと燃え上がるまでの時間がとにかく早いです。

松ぼっくりなどの着火剤と小さめの枝などを入れて着火し、少しして大きめの薪を追加投入すれば、あとは何もしなくとも、「ソロストーブ」が空気の流れをつくってくれるので、瞬く間に炎が燃え上がります。

普通の焚き火の場合は、少しずつ大きめの薪を投入しながら炎を大きくしていく必要があるので、時間がかかってしまいます。

短時間かつ簡単に焚き付けができる「ソロストーブ」は、すぐに焚き火調理したい、お湯を沸かしたいという方におすすめです。

燃焼効率がいいので後処理もラク

ソロストーブ灰受け

二次燃焼により高火力で薪を燃やしてくれるので、燃えカスがほとんど残らず、燃え残った薪の処理をしなくて済みます。

また、灰は底面に溜まってくれるので、灰捨て場に行く際に灰が風で舞ったりしないのと、灰捨て場がなくても本体に入れたまま持ち帰ることができます。

焚き火の後処理って結構面倒に感じますが、ソロストーブならラクに処理できます♪

調理にも最適

キャンプファイヤーと2ポットセット

キャンプストーブシリーズは、上部に収納可能なゴトクがついています。

なかでも「キャンプファイヤー」は、調理に最適なサイズ感となっています。フライパンからダッチオーブンまで、丈夫なゴトクがしっかりと支えてくれます。

また、ゴトクが風防代わりにもなっているので、風の影響を受けずに調理ができます。

ゴトクと本体の間には薪を入れる空間があるので、そこから追加で薪を投入もできます。

ソロストーブの高火力が料理の幅を最大限に広げてくれるので、本格的な焚き火料理がしたい方にもオススメできます。

キャンプファイヤーを2ポットにスタッキング

2ポットセットは、調理もできる+ソロストーブキャンプファイヤーをスタックできて、収納面でも便利ですよ♪

焚き火も楽しめる

ソロストーブキャンプファイアーで豪快焚き火

キャンプファイヤーは、コンパクトではありますが、サイズ以上に勢いの良い炎を生み出してくれます。

調理もしやすいかつ焚き火もしっかり楽しめる「いいとこ取り」をしているサイズです。

調理が終わったあとは、二次燃焼の「綺麗な炎」を楽しみましょう!

キャンプファイヤーのデメリット

ソロストーブで焚き火中

キャンプファイヤー使用において、注意点もあげていきます。

薪は本体の中に収まるように入れよう!

煙の発生が少ない「ソロストーブ」ですが、本体からはみ出た薪は二次燃焼しません。はみ出た薪からは、煙が発生してしまうので、注意が必要です。

二次燃焼の炎は、燃え切らなかった煙を高温の空気で再び燃焼させることで生まれるので、通気孔からの高温空気の恩恵を受けられない薪は、二次燃焼の対象外ということです。

↓本体上部にある穴が通気孔です。

ソロストーブの通気孔を強調した画像

市販サイズの薪は入らないことも

「キャンプファイヤー」は、キャンプストーブシリーズのなかでは一番大きいサイズですが、市販の薪のほとんどははみ出てしまいます。完全に二次燃焼をさせるのであれば、薪をさらに半分くらいに切る必要が出てきます。

ちなみに私たちは、カットせずにそのまま入れることのほうが多いです。薪の湿り具合にもよりますが、燃焼効率が良いことには違いないので、はみ出ていても煙の発生は比較的少ないです。

大人数には向かない(2〜4人くらいまで)

ソロストーブは、形が円筒状になっているので、上部はものすごく高温で暖かい(むしろ熱すぎるくらい)ですが、サイドはそこまで熱量を感じにくいです。

キャンプストーブシリーズは、コンパクトな分、炎が出る口も小さいので、大人数で暖をとるのは厳しいかと思います。

大人数で暖をとりながら、ガンガン焚き火したい方は、後ほど出てくる「ファイヤーピット」シリーズを検討しましょう!

キャンプファイヤーがおすすめな方

  • 本格的な料理をしたい
  • 煙が少ない焚き火台がほしい
  • 二次燃焼の炎も楽しみたい
  • デュオ〜ファミリーでしっかり暖を取りたい
ソロストーブラインナップ

ここまでは、「キャンプファイヤー」を中心に記述してきましたが、その他のサイズについても紹介していきます。

軽量でコンパクト【CAMP STOVES(キャンプストーブ)】シリーズ

ソロストーブのコンセプトでもある、「限られた装備で」「環境に優しい」「燃焼効率がいい」「軽くてコンパクト」で作られた「キャンプストーブ」シリーズは、3サイズがラインナップされており、ソロ〜ファミリーキャンプまで幅広く使用できるサイズ展開となっています。

Solo Stove Lite(ライト)

商品名ソロストーブ ライト/Solo Stove Lite
サイズ直径(幅):約10.8cm、高さ:約10cm(収納時)・約14.5cm(使用時)
重量約255g
材質ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー
内容本体、ゴトク、収納袋、日本語説明書
値段8,800円(税込)

ソロストーブ「ライト」は、約950mlの水を8〜10分で沸かしてくれ、ポット900にスタッキングできます。

シリーズ最小のサイズで、薪を焚べるというより、枝などの小さなものを燃やすのに最適なストーブと言えます。

市販の薪を使用する場合は、細かくカットする必要があります。

小さいため、頻繁に燃料を追加する必要があり、調理にはあまり適していません。

コンパクトにスタッキングできるクッカーが色々とあったり、アルストを使用できる点でも軽量ソロキャンパー向きのサイズと言えるでしょう。

Solo Stove Titan(タイタン)

商品名ソロストーブ タイタン/Solo Stove Titan
サイズ直径(幅):約13cm、高さ:約14cm(収納時)・約20cm(使用時)
重量約467g
材質ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー
内容本体、ゴトク、収納袋、日本語説明書
値段11,000円(税込)
ソロストーブタイタン
出典:UPI(Solo Stove)

ソロストーブ「タイタン」は、約950mlの水を4〜6分で沸かしてくれ、ポット1800にスタッキングできます。

サイズは、ライトより1回り大きく、その分火力や燃焼の維持も高くなります。

タイタンも市販の薪を使用する場合はカットが必要ですが、ライトほど細かくする必要がないです。

ライトよりサイズは大きくなりますが、それでも軽量でコンパクトなため、調理にも使いたいソロキャンパー向けと言えるでしょう。

Solo Stove Campfire(キャンプファイヤー)

ソロストーブキャンプファイヤー
出典:UPI(Solo Stove)
商品名ソロストーブ キャンプファイヤー/Solo Stove Campfire
サイズ直径(幅):約17.8cm、高さ:約17cm(収納時)・約23.5cm(使用時)
重量約998g
材質ステンレススチール(SUS304)、ニクロムワイヤー
内容本体、ゴトク、収納袋、日本語説明書
値段13,200円(税込)

ソロストーブ「キャンプファイヤー」約950mlの水を2〜4分で沸かしてくれ、2ポットセットやポット4000にスタッキングできます。

サイズはシリーズの中では最大で、非常に高火力なので、調理から暖を取るまで用途の幅が広がります。

キャンプファイヤーでも、市販の薪はゴトクからはみ出してしまうことの方が多いです。

ゴトクのサイズも調理器具に最適なサイズ感となっていて、本格的に調理もしたいデュオ〜ファイミリーキャンプ向けと言えます。

大人数で火を囲める【FIRE PIT(ファイヤーピット)】シリーズ

キャンプストーブシリーズとは違い、圧倒的「豪快な炎」を創り出すのが「ファイヤーピット」シリーズです。その圧倒的な炎が本当に堪りません。一度味わえば虜になってしまうかもしれませんね!

薪をガンガン燃やして焚き火をしたいという方には、こちらの「ファイヤーピット」シリーズがおすすめです。

Solo Stove Ranger Kit(レンジャー

商品名ソロストーブ レンジャーキット/Solo Stove Ranger Kit
サイズ直径(幅):約38.1cm、高さ:約31.75cm
重量約6.8kg
材質ステンレススチール(SUS304)
内容本体、レンジャー専用スタンド、収納袋、日本語説明書
値段36,300円(税込)
ソロストーブレンジャー
出典:UPI(Solo Stove)

ソロストーブ「レンジャー」は、ファイヤーピットの中では、一番小型で持ち運びやすいサイズとなっています。日本で使用している方が多いのも「レンジャー」です。

車への積載や持ち運びやすさのバランスを考えても「レンジャー」が妥当と言えます。

Solo Stove Bonfire Kit(ボンファイヤー)

ソロストーブボンファイヤー
出典:UPI(Solo Stove)
商品名ソロストーブ ボンファイヤーキット/Solo Stove Bonfire Kit
サイズ直径(幅):約48.3cm、高さ:約35.6cm
重量約9.1kg
材質ステンレススチール(SUS304)
内容本体、ボンファイヤー専用スタンド、収納袋、日本語説明書
値段44,000円(税込)

もはやここまで来ると焚き火の次元を超えてる気がするくらい、「猛烈な炎」を体験できます。

積載に余裕があって、さらに圧倒的な炎を体感したい方は、ボンファイヤーを選びましょう!

Solo Stove Yukon Kit(ユーコン)

商品名ソロストーブ ユーコンキット27/Solo Stove Yukon Kit 27
サイズ直径(幅):約68.6cm、高さ:約40.6cm
重量約17.2kg
材質ステンレススチール(SUS304)
内容本体、ユーコン専用スタンド、日本語説明書
値段68,200円(税込)
ソロストーブユーコン
出典:UPI(Solo Stove)

シリーズ最大サイズの「ユーコン」。今のところキャンプ場で使用している方を見たことがないです・・・。

サイズ的に持ち運びで一苦労!常設で使用する場合は、アリかも知れませんね!

でもいつか、一度は体感してみたいです!

ソロストーブで二次燃焼を楽しもう!

ソロストーブで焚き火シーン

ソロストーブの魅力は伝わりましたでしょうか?

ソロストーブ一番の魅力である「二次燃焼」は、多くのキャンパーから人気があり、私も大変気に入っています。また機能面だけではなく、シンプルなデザインもスタイリッシュで魅力的です。

様々なサイズを展開しているので、スタイルに合わせて選ぶことができますね!

二次燃焼に魅力を感じた方は、ぜひ「ソロストーブ」の購入を検討してみてはいかがでしょうか。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次