初めてのポータブル電源に最適!「EcoFlow RIVER Pro」の魅力

  • URLをコピーしました!

こんにちは!
うんまほふうふ(@unmahofufu)です。

ポータブル電源選びに悩んでる方必見!今回の記事は、ポータブル電源を初めて購入する方にオススメの商品「EcoFlow RIVER Pro」を紹介します。

こんな人にオススメの商品
  • なるべく大容量がいいけど、軽量でコンパクトなポータブル電源を探している
  • 消費電力が高い(1200W)電化製品もできれば使いたい
  • スタイリッシュなポータブル電源を探している

メーカーの先端技術もすごく、キャンパーからも非常に人気な商品です。

「EcoFlow RIVER Pro」であれば、他のポータブル電源にはない利便性も実感できると思います。

詳しく解説していきますので、参考にしてもらえると嬉しいです。

目次

EcoFlow(エコフロー)とは?

EcoFlow(エコフロー)は、電源開発事業部のトップや化学材料メーカー経営者を含む元DJI社員3人、元米経済開発センター投資マネージャーによって、2017年に設立されたポータブル電源を販売する企業です。

EcoFlowのココがすごい!

Makuakeで大成功

ecoflow「RIVER」 Makuake完了画像

※509,267,400円(目標1,000,000円に対して)達成率/50926%サポーター/6098人

「EcoFlow RIVERシリーズ」は、2020年のMakuakeで5億円以上の応援購入金額を集め、当時のMakuake史上最高応援購入金額を「1億円以上」上回っての「歴代1位」を獲得しました。

※Makuake Award 2021でGOLD賞受賞しております。

ecoflow「DELTA Pro」 Makuake完了画像

※376,489,900円(目標1,000,000円に対して)達成率/37648%サポーター/1419人

2021年のMakuakeでは、「DELTA Pro」が3億7千万以上を集め、Makuake歴代応援購入ランキングで第3位にランクインしています。

THE BEST INVENTIONS OF 2021」に選出

DELTA Pro「THE BEST INVENTIONS OF 2021」
出典:EcoFlow

「EcoFlow DELTA Pro」が、権威あるメディアTIME誌が選ぶ「2021年の発明ベスト100(THE BEST INVENTIONS OF 2021)」に選出されました。

THE BEST INVENTIONSとは?

世界をより良く、スマートに、そして日々を楽しくする」その年の画期的な発明品を選出する制度

ポータブル電源の安全性への配慮

EcoFlowのポータブル電源は、安全保護機能「BMS(バッテリーマネジメントシステム)」が搭載されています。

リアルタイムでバッテリーの電流、電圧、温度などを自動で調整し、過放電・過充電が発生しないように制御しています。

BMSの主な役割
  1. 過充電、過放電を防ぐ
  2. 過電流を防ぐ
  3. 温度管理を行う
  4. 電池残量を算出する
  5. 電圧の均等化を行う

その他にも、過熱保護点過電圧保護過負荷保護低電圧保護低温保護短絡保護過電流保護など多くの保護機能を搭載しています。

各認証取得マーク

日本の規格だけではなく、アメリカやEUなどが定める安全基準も取得しており、より安心して使用できるように安全性も確保しています。

EcoFlow 商品シリーズ

「DELTAシリーズ」

大容量ながらも、充電速度は世界トップクラスの製品となっています。

「DELTAシリーズ」は、定格出力1400W以上を誇る、大容量ポータブルバッテリーシリーズです。

「RIVERシリーズ」

アウトドアやレジャーに最適な、軽量かつスタイリッシュなポータブル電源です。

今回紹介する「RIVER Pro」は、「RIVERシリーズ」の中でも上位機種になります。

EcoFlow RIVER Proの基本情報

スペック

商品名EcoFlow RIVER Pro
バッテリー容量720Wh
定格出力/最大出力(サージ)600W/1200W
寸法28.8*18.5*25.3cm
重量7.6kg
電池素材三元素リチウムイオン
使用サイクル800回以上(80%+)
出力波形純正弦波
出力周波数50/60Hz
AC充電660W
ソーラー充電200W
車載シガーソケット入力12V 8A最大
AC出力600W(最大1200W)
USB-C出力100W
USB-A出力/USB-A急速充電12W/18W
シガーソケット出力136W

セット内容

「RIVER Pro」セット内容
  • RIVER Pro本体
  • AC充電ケーブル
  • MC4 to XT60 ソーラーパネル充電ケーブル
  • シガーソケット充電ケーブル
  • DC5521-DC5525 ケーブル
  • ユーザーマニュアル

外観

「RIVER Pro」正面外観

正面には、LEDライト、ディスプレイ、USB、DC出力があります。

「RIVER Pro」側面外観
「RIVER Pro」側面外観

側面には、正面からみて左側に入力、右側に出力ポートと拡張ポートがあります。

「RIVER Pro」ハンドル

上部のハンドルは、固定式で折りたたみはできないタイプです。

「RIVER Pro」底面

底面には、仕様の記載と4隅には滑り止めのゴムがついています。

出力規格・ポートと充電時間

「RIVER Pro」出力ポート
「RIVER Pro」出力ポート

正面には、USB-Cポート・USB-Aポート×3・シガーソケット・DCポート×2、側面にACコンセント×3があり、最大合計10口同時給電が可能です。

急速充電に対応しているのは、大変ありがたいです♪

<充電時間>

AC充電1.6時間
シガーソケット充電(12V シガーソケット)7.5時間
ソーラーパネル充電(110Wソーラーパネルを2枚
日照条件や環境により異な
4時間〜

充電は、①AC充電②シガーソケット充電③ソーラーパネル充電④発電機充電の4つが可能となっています。

「RIVER Pro」入力ポート

左側は、AC用「X-STREAM充電入力ポート」になります。真ん中は、「充電過負荷保護スイッチ」です。

「RIVER Pro」XT60入力ポート
「RIVER Pro」シガーソケットコード接続

右側の黄色いポートは、「シガーソケット・ソーラーパネル」充電入力ポートです。付属のコード使用して充電が可能です。(ソーラーパネルは、別途用意が必要です)

EcoFlow RIVER Proの特長

EcoFlow社独自の「X-Boostテクノロジー」で高出力な電化製品が使える

ポータブル電源での電化製品の使用は、「消費電力<定格出力」でなければ利用できません…。

高出力な電化製品を使いたい場合、容量の大きいポータブル電源を選ぶしかありません。そうなってくると、サイズも大きく重量も重くなってしまいます。

が、それを解決するのが、EcoFlow社独自の技術「X-Boost」です。

X-Boostとは…

定格出力を超える消費電力でも、技術的に消費電力を小さくして動かすことができる機能!

「RIVER」の場合、定格出力は600Wですが、X-Boostで1200Wまでの消費電力の電化製品を600Wの出力で動かせるということです。

もちろん出力600Wでしか動かせないので、電気ケトルの温め時間が通常よりも時間がかかったり、ドライヤーの風力が弱かったりしますが、それでも動かすことができるのは、大変魅力的です。

エアコンなど、電圧が低くなると停止してしまうような電化製品には、「X-Boost」は使用できません。

ドライヤー

実際に、1000Wのドライヤーと1200Wのドライヤー両方を使用してみました。

MEリカバリードライヤー(1000W)

MEリカバリードライヤー(1000W)
このドライヤーは、風力がパワフルなドライヤーで、スイッチは風力ではなく温度(冷風・低温・高温)を変更できる仕様になっています。

MEリカバリードライヤー(1000W)低温使用
低温時
MEリカバリードライヤー(1000W)高温使用
高温時

給電も比較的安定していましたが、高温にすると若干落ちる感じでした。

1000Wのドライヤーを使ってみた結果
  • 冷風/低温時は問題なく稼働
    →低温時の風量が家のコンセント接続時と比べて、若干劣るも大きくは変わらない印象
  • 高温は、高温にはなるが風力が20〜30%ほど落ちる
  • 1000Wのドライヤーでは、全然問題なく使えると感じました!
パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G(1200W)スイッチ

パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G(1200W)
このドライヤーは風力が、SET・DRY・TURBOと3段階で上がります。

パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G(1200W)DRY使用
DRY使用時
パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G(1200W)DRY使用時
出力数
DRY使用時

SET/DRY時は、比較的給電も安定していました。(電源オフからいきなりDRYにすると最初が若干不安定なときも)

パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G(1200W)TURBO使用
TURBO使用時
パナソニック ヘアードライヤー ナノケア EH-NA0G(1200W)TURBO使用時出力数
TURBO使用時

TURBOにすると、急に不安定に!ドライヤーはついていますが、風に波があります。(DRYで数分使用してから、TURBOにすると不安定にならない時もあったので、時間をおいて強めれば使えるかも)

1200Wのドライヤーを使ってみた結果
  • SET/DRY時は問題なく稼働
    →DRY時の風量が家のコンセント接続時と比べて20〜30%落ちる印象
  • TURBOになると、一気に不安定になって使えない
    →ただ、DRY→TURBOを数分おいて上げると、安定する時もありました。
    (風力はDRYとそこまで変わらないので、そこが限界かと)
  • 冷風に関してはTURBOにしても問題なく使用できましたが、このドライヤーの場合、スイッチをつけた後にモードを切り替えるので、SETの時点で冷風にしないとTURBOにしても不安定なままでした。
  • DRYまでであれば、風力は落ちるが問題なく使用できると感じました!

EcoFlow社独自技術である「X-Streamテクノロジー」で急速充電

「RIVER Pro」ディスプレイ
41%の時点で残り51分
X-Streamとは…

「大容量化すればするほど充電時間がかかる」を克服する技術!

「X-Stream」を搭載したEcoFlowのポータブル電源のほとんどが、充電開始から約1時間で80%まで充電可能です。

「RIVER Pro」の場合、最大660WのAC入力により、1.6時間でフル充電が完了します。

我が家は、基本キャンプ当日の朝に準備することが多く、バッテリーの充電を忘れがちですが、1時間もあれば十分に充電してくれるので大変助かっています。

「RIVER Pro」AC充電

「X-Streamテクノロジー」により、ACアダプターがないので、スッキリしています。

専用エクストラバッテリーで容量拡張

「RIVER Pro」拡張バッテリー
出典:EcoFlow
「RIVER Pro」拡張バッテリー入力ポート

別売りの「RIVER Pro 専用エクストラバッテリー」を追加することで、容量を720Whから1440Whに増やすことができます。

重くて運搬も大変な大容量のポータブルバッテリーを1つ持つよりも、必要なときだけ連結できる拡張バッテリーを持つ方が用途に応じて使い分けができるので便利です。

また災害や停電時の備えとして拡張バッテリーがあると安心です。

軽量でコンパクトかつスタイリッシュ

「RIVER Pro」は容量が720Whですが、比較的コンパクトで軽量です。持ち運びもしやすいサイズなので、これ1台で1泊2日のキャンプであれば大抵は問題なく過ごせると思います。

容量をしっかり確保しつつも、サイズと重量は最小限に抑えられたポータブル電源だと言えます。

また、「RIVER Pro」は見た目もスタイリッシュです。『サイバーブラック』とシンプルでカッコいい色で、他のポータブル電源とは一味違った洗練された雰囲気を感じます。

アプリとの連携で管理を最適に

「RIVER Pro」アプリ連携
「RIVER Pro」アプリ連携

「RIVER Pro 」はアプリと連携することができます。

アプリ機能
  • 各機能のON/OFF
  • モードの設定変更
  • リアルタイムでバッテリーをチェック

RIVER Proを遠隔操作できたり、状況を確認できるのが大変便利です。

EPS機能・パススルー充電対応

万が一停電した際に、30ミリ秒以下で電池給電モードへ自動で切り替わるEPS機能が備わっています。(無停電電源:UPS機能ではないため、データーサーバーなどUPS機能を必要とするデバイスには使用不可)

「RIVER Pro」パススルー充電中

ポータブル電源をACコンセントに接続した状態で、電化製品を繋ぎ給電すれば、直接電力を送ることができます。

ソーラーパネルを接続した状態で使用しても、バッテリーへの負荷を最小限にできます。

EcoFlow RIVER Proのここが気になる

固定式の取手が邪魔に感じることも…

「RIVER Pro」ハンドル持った様子

取手がしっかりしていて持ちやすい反面、取手が邪魔になる場面もあります。

車への積載時や棚への収納時に邪魔に感じる

たくさん荷物を積める車であれば問題ないですが、キャンプに行く際に意外と大変なのが車への積載です。荷物が多い冬などは、特に積載の仕方を考えないといけません。

隙間を有効活用したい時に、取手が邪魔に感じる時があるのです。

また、家での収納時にも取手がなければこの棚に入るのに…ということも。

容量拡張時に重ね置きできない

「RIVER Pro」は、専用エクストラバッテリーで容量を拡張できますが、取手があることで重ね置きをできません。

「DELTA」拡張バッテリー
出典:EcoFlow

「DELTAシリーズ」は上部が平なので、拡張時も上に重ねておくことができます。

そもそも、拡張しない場合は問題ないですが…

※個人的には、上部が平になっている方が使い勝手が良くていいなと思います。

取手が邪魔に感じる場面は限定されるので、それ以外の機能が優れている「RIVER Pro」は、最強のポータブル電源と言えるでしょう!

EcoFlow RIVER Proは初めてのポータブル電源にオススメ!

「RIVER Pro」は、初めてポータブル電源を購入するキャンパーの方にオススメの商品です。

オススメできる理由
  1. 容量が少なすぎない(これより小さいバッテリーは、使用できる電化製品が結構限られてしまいます)
  2. 使用の幅を広げたい場合は、専用の拡張バッテリーがある(この容量で拡張できる製品は少ないです)
    →必要に応じて使い分けができるので、とても便利だと思います。
  3. 安全性にとても配慮されているポータブル電源
  4. とにかく充電が早い(これは、本当に助かります)

最初から無理にサイズも重量も大きくなる大容量のポータブル電源を買うより、軽量かつコンパクトな「RIVER Pro」を試してみて、必要に応じて「エクストラバッテリー」の購入する方が、より幅広くポータブル電源を活用できるのではないかと思います。

「RIVER Pro」LEDライト

防災という観点からも、この機会に購入を検討してみては、いかがでしょうか?ポータブル電源選びの参考になれば幸いです。

最後まで読んでいただき、ありがとうございました。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次