【厳選2選】“使用者オススメ”のインフレーターマットを紹介!

  • URLをコピーしました!

こんにちは!うんまほ夫婦(@unmahofufu)です。

キャンプやアウトドアシーンでの睡眠アイテムとしてよく耳にする「インフレーターマット」ですが、あるのとないのとでは、睡眠の質が全然違うと感じています。

そこで持っていない方には、ぜひ導入をオススメしたいのですが、選ぶ際に種類が多すぎてどれを選べばいいか分からない!という方も多いと思います。

今回紹介するアイテムは2品です。結論から言うと「今回紹介する2品のどちらかを選べば間違いない」と思っています。

その他アイテムについては、別サイトでも多数紹介されていますので、そちらを参考にしてください。

今回の記事では、本当におすすめできる2品をピックアップして紹介します。

こんな人におすすめ!
  • 「おすすめアイテム○○選」をみてもどれがいいか分からない
  • コスパ重視か品質重視かどちらかで判断したい
  • 使用者がおすすめする商品を選びたい

最後まで読んで、ぜひ参考にしてください。

目次

インフレーターマットで睡眠の質を大幅改善

インフレータマットと寝袋

インフレーターマットとは? 

空気を吸い込んで膨らむマットのことで、素材にはウレタンなどのクッション材を使用し、クッション性により、質の高い睡眠をもたらしてくれるのが大きな特徴です。

睡眠アイテムの中では、一番睡眠の質を上げてくれる商品ではないかと思っています。

他の睡眠アイテムとの違いは? 

アウトドアシーンにて、よく比較される睡眠アイテムを簡単に説明したいと思います。

銀マット

銀マットは、地面からの熱を遮断してくれるものです。睡眠の質というよりは、暑さ・寒さ対策といったところです。百均、ホームセンターから本格的なものまで幅広くありますが、他のマットなどと併用するのがオススメです。

銀マット

エアーマット

エアーマットも空気を入れて膨らますマットですが、インフレーターとの大きな違いは、ウレタン(クッション材)が入っていないこと。どちらかというと浮いたような感覚で、寝返りを打つと傾いたりします。

エアーマット

コット

コットはマットではないですが、こちらも睡眠の質を上げてくれるアイテムです。アウトドア用に作られた、いわゆる携帯用の簡易ベッドです。

コットについては、別記事でおすすめを紹介しているので、ぜひ参考に!

インフレーターマットの選び方

スノーピークインフレーターマットを2枚重ねた画像

マットの厚さをチェックしよう

個人的には、マットが厚ければ厚いほどいいとは思いませんが、少なからず睡眠の質には影響します。厚い方が、地面の凹凸を感じにくいです。

また、キャンプマットはよくR値が高い方がいいと耳にしますが、マットが厚い方が地面からの熱をよりカットしてくれるでしょう。(薄くても素材によってR値が高いものもあります)

R値とは・・・断熱性を示す指標のこと。数値が高ければ高いほど、冷気が伝わりにくいです。

サーマレストR値
出典:thermarest

サイズを選ぼう(シングル・セミダブル・ダブル)

WAQのダブルマット
出典:WAQ

インフレーターマットは、ソロ用のシングル〜ファミリー用のダブルまでサイズがいくつか展開されています。

使用人数や体型に応じて自分に合ったサイズを選ぶようにしましょう!

最近のものは連結可能な商品が多いので、ソロ用を買って必要に応じて連結させることをオススメします。

使用シーンに合った商品を選ぼう

バックパックや登山といったシーンでは、よりコンパクトなものが求められます。ペットボトル500mlくらいのものやビックリするくらい軽いものまであるので要チェックです。

登山中に遠くを見つめている写真

※今回は、キャンプシーンを想定した商品を紹介しますので、よろしくお願いします。

「これを使えば間違いない」インフレーターマット2選を紹介

袋に入ったインフレーターマットを積み重ねている画像

商品を決める際、情報が多すぎて非常に悩みませんか?

私は、商品を検討する際、どの情報サイトも「あれもこれも」紹介していることが多くて、結局決めきれないという経験が多々あります。

そこで今回は、品質重視or価格重視本当におすすめの2品だけを紹介します。

実際に私たちが使用しているアイテム1品と、使用者が周りに多く、実際に体感させてもらってオススメできると思った1品です

品質重視
  • snowpeak(スノーピーク)キャンピングマット2.5w TM193
価格重視
  • WAQ インフレータブル式マット

snowpeak(スノーピーク)キャンピングマット2.5w TM193

コットの上にインフレーターマットを置いている画像

圧倒的な品質の良さを誇るスノーピークの「キャンピングマット2.5w」。こちらの商品は、品質重視の方にオススメのマットとなります。

我が家もこちらのマットを使用しています。

先に選んだ理由をいうと、とにかく「睡眠の質を追求した」商品を選びたかったから。

うんちゃんは、睡眠が浅く「夜中によく目が覚めるタイプ」です。エアーマットを使用していた時期もありましたが、寝返りの音がうるさすぎて眠れずにいました。

スペック 

使用サイズ198×77×6.2(h)cm
収納サイズφ20×85cm
重量1.9kg
素材表地:75Dポリエステル、裏地:75Dポリエステルノンスリップ加工、
インナー:TPUフォーム、バルブ:ABS樹脂
カラー展開グレー?の1色展開
付属品ポンプ付き収納ケース、リペアキット(補修剤、補修パッチ×2)
参考価格28,600円(税込)

商品特徴

①バルブシステム(自動膨張)

バルブは、軽い力で簡単に開け閉めできます。収納ケースから取り出した後、バルブを開いておけば、数分後約6〜8割くらいには自動で膨らみます

バルブ

②連結機能

サイドにベルクロ(マジックテープ)がついており、マットを連結させることができます。ソロ仕様〜ファミリー仕様までサイズ変更可能なので、カップルやファミリーにはありがたい機能です。我が家も連結させて仲良く寝ています。

ベルクロによる連結の様子

ポンプ付き収納ケース

インフレーターマットは、自動で膨らむものも多いですが、そのほとんどはMAXまでは膨らんでくれません。最大に膨らますために(お好み)、自分で膨らます作業も必要です。キャンピングマット2.5wにはケースにポンプ機能が付いているので、簡単に自分好みの張り具合に調整できます。

ポンプ付き収納ケースでインフレーターマットを膨らます様子

④幅がワイドな設計

一般的なマットは、60cm〜65cmくらいの幅のものが多い中、キャンピングマット2.5wはそれよりも10cm以上大きい77cmとなっています。ゆったり寝返りもうてる快適なマットです。

インフレーターマットに大きく横たわる様子

⑤ノンスリップ加工

裏地にはノンスリップ加工がされており、テント内で滑りにくくなっています。

キャンピングマット2.5wの裏地

⑥生涯保証

スノーピークといえば、生涯保証!購入後のサポート体制がしっかりしているので、安心して使い続けられます。

また、付属品にリペアキットが付いているため、少しの傷等であれば個人でも修復できるかと思います。  

リペアキット

個人的使用の感想

機能面

他のシングルサイズと比較して幅広なので、すごく贅沢な気分を味わえます。デザインにおいてもグレーの色味とマット表面のしっとりした質感が良く、オシャレな印象が良いです。

膨らますときに収納袋をそのまま使えるというこだわりもさすがスノーピークだな〜と思います。

機能面全般として、強いてデメリットをあげるなら、ポンプ付き収納ケースで膨らます時に、若干バルブにはめ込みづらいところですかね。(まほちゃんがちょっと苦手・・・)

寝心地

他のマットもいくつか試したことがありますが、キャンピングマット2.5wは別格と言っても過言ではありません。

程よい厚みと弾力がしっかり体を支えてくれるので、横になった時の心地よさが全然違うと感じました。

最近では10cm近くの厚みを謳っているマットも出てきていますが、実際に大事なのは寝てみたときの沈み具合だったりします(厚みが全てじゃないですね)。

キャンピングマット2.5wについては、空気の上で寝ていない感覚というか、しっかり布団で支えられているような感覚があります。普段から眠りが浅いうんちゃんでも、熟睡できる極上マットです。

ちなみに、引っ越しをして約1ヶ月半の期間、ベッドとマットがないというまさかの事態でしたが、このマットで問題なく(疲労感も感じずしっかり熟睡)過ごせました。買ってて本当によかった・・・

スノーピーク「キャンピングマット2.5w」を部屋で広げた画像

WAQ インフレータブル式マット

WAQといえば、数多くのコスパ最強商品を展開しているメーカーですが、マットまでもコスパ最強の商品が販売されています。

それが、「WAQ インフレータブル式マット8cm」です。

スペック

使用サイズ190×65×8(h)cm
収納サイズφ20×65cm
重量2.5kg
素材生地:PVC75D、内側:ひし形打ち抜きウレタンフォーム
カラー展開タン・オリーブ・ネイビー・ブラックの4色展開
付属品収納ケース、補修テープ×2、ゴムバンド×2
参考価格6,980円(税込)

商品特徴

特大バルブ搭載

簡単でよりスピーディーに(自動)膨らんでくれます。もちろんMAXまで膨らませたい場合は、手動で膨らます必要があります。

Waqのインフレータブル式マット8cm単体
出典:WAQ

ショルダーストラップ付き収納ケース

設営や撤収時に持ち運びシーンの多いキャンプでは、肩掛けができると非常に便利です。

収納されたWaqのインフレータブル式マット8cmを肩掛けしている様子
出典:WAQ

サイドにボタン

スノーピークキャンピングマット2.5w同様、サイドに連結用のボタンがあります。やはり、使用人数に応じてサイズ変更できるのは魅力的です。

サイドのボタンでWaqのインフレータブル式マット8cmを連結させている様子
出典:WAQ

ミニバン対応サイズ

フルフラットのミニバンにピッタリと収まるサイズになっており、車中泊用ベッドとして活躍します。

車にピッタリと収まるWaqのインフレータブル式マット8cm
出典:WAQ

滑り止め加工

こちらもスノーピークキャンピングマット2.5w同様、裏面に滑り止め加工がされています。テント内で動くのはストレスなので、必須機能です。

Waqのインフレータブル式マット8cmの裏地
出典:WAQ

個人的感想

機能面

追加で膨らませたいときのツールが付属されていないので、口などで膨らませる必要がある点が懸念されますが、スノーピークキャンピングマット2.5wとほぼ同じ機能が搭載されており、間違いなく値段以上の価値があると思います。

寝心地

寝心地は、やはりスノーピークキャンピングマット2.5wには劣ると感じました。キャンピングマット2.5wはしっかりと張りがあるのに対して、WAQは若干沈むかなという感じです。ただ、厚みがあることで、寝心地の良さを向上させており、こちらも値段の割にというよりも、値段以上の品質だと感じました。

あくまでスノーピークと比べてみての印象にはなりますが、WAQの質感も非常に良かったです。実際に使っている友人の全員が「寝心地はいい」と言っており、購入価値が高いと感じます。

スノーピークの価格と比べても、値段以上の価値がある、まさに「コスパ最強」商品です。

比較レビュー<スノーピーク&WAQ>

商品名snowpeak キャンピングマット2.5w TM193WAQ インフレータブル式マット
自動膨張機能
専用ケース○(ポンプ機能付)○(ショルダー付)
ポンプ機能○(専用ケースに搭載)
連結機能○(ベルクロ)○(ボタン)
滑り止め加工
生涯保証
カラー展開○(4色)
付属品リペアキット(補修剤、補修パッチ×4)補修テープ×2、ゴムバンド×2
収納サイズ★★☆☆☆★★★☆☆
使用サイズ★★★★★★★★☆☆
重量★★★☆☆★★☆☆☆
寝心地★★★★★★★★★☆
値段★★★☆☆★★★★★
星は評価レベル5段階(★)

寝心地の良さをとことん追求するのであれば、間違いなく「キャンピングマット2.5w」をオススメします。ただ、値段が可愛くないので、複数枚購入予定などの方は、十分に寝心地の良さを感じられる「WAQ インフレータブル式マット」が良いかと思います。

インフレーターマット使用上の注意点

インフレーターマットには寿命がある

家のベッドマットと同じで、インフレーターマットは、使用年数ととも劣化していきます。使用頻度や使用状況にもよるので、一概にも何年とは言い難いですが、大切に取り扱うようにしましょう!

直射日光は避ける・・・MAX膨らませてバルブを閉めた状態で日光に当てると、空気が膨張して破損の原因に!

膨らまない時もある

商品特徴にも記載しましたが、自動膨張だけでは、MAX膨らみません。お好みにもよりますが、手動で膨らませる必要があります。

また、暑いところに置くと空気が膨張するのとは逆で、寒いところでは膨らみにくいです。冬場は、夏場と比べて膨らみが悪いため、自分で膨らます手間が増えます。

最適なインフレーターマットを見つけてより良い睡眠を!

インフレーターマットで寝ている様子

今回は、品質重視と価格重視で2アイテム紹介しました。今回紹介した商品は、使用者も多数の本当にオススメの商品です。

もちろん他の商品にもいいものはあるかと思いますが、色々と悩んでいるのであれば、今回紹介したどちらかを購入すれば、満足度は高いかと思います。

インフレーターマットは、キャンプで導入すべきアイテムなので、この機会に購入を検討してみてください。

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次